スポンサードリンク

Zoff(ゾフ)は、株式会社インターメスティックの子会社である株式会社ゾフが運営する低価格の眼鏡チェーン店です。
2001年のオープンにより、それまで高価だったメガネの「適正価格」を見直し、5,000円・7,000円・9,000円のスリープライスに設定。当時数万円するのが当たり前だったメガネの価格破壊に成功し、現在では、すっかり当たり前のこととして受け入れられるようになった「5,000円でメガネが買える」時代を作り上げたパイオニア的存在です。
ちなみに、Zoff(ゾフ)という名前は、「限界まで安くする」という意味を込めて、アルファベットの最後の文字である「Z」と、「割引」などの低価格を意味する「off」を組み合わせて「Zoff」と命名されたそうです。

Zoff公式HPはコチラ
http://www.zoff.com/jp/

スポンサードリンク

Zoffの眼鏡・レンズ交換

Zoffでは、企画から製造、販売に至るまで自社で一括しておこなうSPA方式を採用し、大量に生産し、中間マージンを排したことで、標準レンズ代込み5,000円(税別)からという低価格のメガネを販売することを可能としました。
また、、スケールメリットを生かして、国内大手メーカーからレンズを大量に仕入れていることも、Zoffのメガネの安い理由となっています。

更に、世界に冠たるメガネづくりの本場、福井県鯖江市で40年以上にわたりメガネの生産に携わってきた職人から、鯖江伝来の匠の技を伝承。厳しい品質管理、ネジ1本にまでこだわるクラフトマンシップで、メガネフレームの品質を向上させてきました。

では、実際の購入までの流れについて見ていきましょう。

5,000円(税別)からの標準のセットレンズでは以下の度数範囲まで作成可能です。
度なしメガネ(伊達メガネ)も標準のセット価格となります。
(アウトレット店では、標準レンズ付きで3,900円(税別)からのプライス展開となっています。)
近視用
SPH(球面度数):±0.00 ~ -10.00
CYL(乱視度数):±0.00 ~ -4.00

遠視・お手元用
SPH(球面度数):±0.00 ~ +6.00
CYL(乱視度数):±0.00 ~ +4.00

上記範囲外は、オプションレンズ(別途追加料金が必要)で作成可能となります。

近くにある実店舗に出向いて、そこで実物を手にとって選ぶのというのはもちろん悪くないのですが、「Zoffオンラインストア」をカタログのように使うって手もありますよ。
価格帯やデザインによる絞り込みもできますし、時間を気にせずじっくり選べます。
フレームを選んだら、ページの右エリアにある「取扱中の店舗」ボタンをクリックすると、店舗での在庫状況が表示されます。

また、Zoffオンラインストアでの購入金額が3,000円(税別)以上の場合は送料無料となっているので、オンラインストアで購入するのもアリかも知れませんね。
店頭在庫が無い商品やアウトレット品の取り扱いもありますし…。

「レンズの調整はどうするの?」という方はご安心下さい。レンズ交換券を貰いましょう。

レンズ交換券とは、店舗で1回のみ「標準セットレンズ」に交換できる購入方法です。
Zoffオンラインストアで購入した「注文書・レンズ交換券・メガネ一式」を店舗に持参すると、度付きレンズ(標準セットレンズ)への交換は無料です。
(標準セットレンズ以外の薄型レンズ、遠近両用レンズ、カラーレンズなどのオプションレンズは、別途追加料金が必要。)

商品をカートに投入後、「レンズの種類・ケースを選択」画面で、「店でレンズを入れる(レンズ交換券付き)」を選択してください。

注文が完了すると、「注文書・レンズ交換券・メガネ一式」が配送されますので、この3点を持って日本国内のZoff店舗へ。

「Zoffオンラインストア」はコチラ
http://www.zoff.co.jp/

Zoffの店舗

Zoff公式HP「店舗検索」を使えば、簡単に近隣の店舗を検索できます。

Zoff公式HP「店舗検索」はコチラ
http://www.zoff.co.jp/shop/

以上、Zoffの眼鏡・レンズ交換・店舗についてまとめてみました。