スポンサーリンク

何気なく、お返ししていたホワイトデーの贈り物。
実は何を返すかによって、意味が全く違うてことをご存知でしょうか。

何を渡すかよって彼女は大喜びするかもしれませんし、逆に怒らせてしまうかもしれません。

普段口下手で、彼女に思いを伝えられない人でも、意味のある贈り物を選ぶことによって、しっかり思いを伝えることができるのです。

ホワイトデーでお返しするものの意味を知って、 2018年のホワイトデーを攻略し、成功させましょう。

マシュマロを渡す意味

ホワイトデーのお返しの定番といえば、ちょっと前までマシュマロでした。マシュマロは、「バレンタインデーにチョコくれてありがとう」という意味です。
マシュマロのふわふわとしたイメージが、頂いたチョコレートを包んでお返しするという意味を持っています。マシュマロの白は、純潔な気持ちを表していて、素直にありがとうと伝えることができます。

しかし、そのドライな感じが、関わり合いを持ちたくないと受け止められて、自分に興味がないんだと思わせることにもなります。

ですから、恋愛対象となる女性にマシュマロのお返しは、避けた方がいいかもしれません。

クッキーを渡す意味

クッキーは、軽くてサクサクしているイメージから、「このまま友達でいよう」という意味があります。

あなたに思いを寄せてる女性がこれをもらったら、少しがっかりしてしまうかもしれませんね。

会社の既婚女性に対する、義理チョコのお返しとしては、使えるかもしれません。

マカロンを渡す意味

マカロンは、作るのに手が込んでいて、他の菓子より高級感があるところから、「あなたは特別な人です」という意味があります。

大事にしたい関係性の女性に対して渡すことになるでしょう。

取引先の女性や、お世話になっている上司の女性に渡すのが、良いかもしれません。

キャンディーを渡す意味

キャンディーは固く割れないで、長く甘い味を味わっていられることから、「あなたが大好きです。あなたと長く甘い時間を過ごしたい」という意味があります。

あなたが好意をもっている女性には、迷うことなくキャンディーを渡しましょう。

彼女から本命のチョコもらって、その大好きな彼女に、お返しするならキャンディーが最適です。

バレンタインデーで何もくれなかったとしても、あなたが告白したいのであれば、ホワイトデーにキャンディーを渡すのもいいかもしれません。あなたの気持ちが彼女に伝わって恋愛が発展する可能性があります。

チョコレートを渡す意味

チョコレートには特に意味がありません。

特に意味はないので、お返しとしていちばん気楽に使えるかもしれません。

恋愛感情もなく、お返しに特に意味を持たせたくないのであれば、チョコレートを渡すのが1番無難かもしれません。

スポンサーリンク