スポンサーリンク

コストコ(Costco Wholesale Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル郊外のイサクアに本社を置く国際的な「会員制倉庫型店」チェーンです。
なぜ、倉庫型店と呼ぶのかというと、一般的なスーパーなどと違って、入荷したままのパレットに乗っている商品を見栄え良く陳列することもなく、大型の倉庫に並べて販売しているからです。そして、徹底的に抑えた管理や陳列にかかるコスト分を格安価格へと反映させた販売が可能となっているのです。
年中無休で卸問屋がセールをやっているみたいなもんですね。
ちなみに、コストコ用語では店舗のことを「倉庫店」と呼んでいます。

日本法人 コストコホールセールジャパン株式会社本社(Costco Wholesale Japan, Ltd)
住所 神奈川県川崎市川崎区池上新町3丁目1-4

コストコの公式HPはコチラ
http://www.costco.co.jp/p/?lang=ja

コストコの会員登録

前述した通り「会員制倉庫型店」なので、買い物に利用できるのは、年会費4,400円(税抜)也を支払って登録したコストコの会員のみとなっています。
それでは、会員登録の流れを見ていきましょう。

会員には2つの種類があります。
ゴールドスターメンバー(個人会員)とビジネスメンバー(法人会員)ですが、ここではすべての個人の方が対象となるゴールドスターメンバー(個人会員)の登録に関して、簡単にまとめてみます。

もちろん、倉庫店のメンバーシップカウンターへ行って、その場で書類に記入するのもアリですが、コストコの公式HPの[会員になるには?]からたどって行くと、インターネットから会員登録が可能でスムーズに(後日、倉庫店で証明写真を撮って貰って会員カードを受け取るだけです。)カードの受け渡しが行えます。

尚、年会費4,400円(税抜)には、同居する家族限定の家族カード1枚が含まれます。会員カード・家族カードの受け渡しの際には、身分証明書(運転免許証、保険証、パスポートなど)の提示が必要となります。

コストコの公式HP[ゴールドスター(個人会員)]はコチラ
http://www.costco.co.jp/p/membership/goldstarmember?lang=ja

コストコで使えるクレジットカードは?

コストコでの支払いは、現金、マスターカード系のクレジットカード、コストコが発行するコストコ・プリペイドカード、コストコ独自の商品券のみとなっています。
特にクレジットカードに関しては、2018年2月よりアメリカン・エキスプレスが使えなくなったので注意が必要ですね。
また、同時に「コストコグローバルカード」が誕生しました。「コストコグローバルカード」は、日本国内のコストコとコストコ・ガスステーションで1.5%のリワード(ポイント)が貯まるカードです。コストコ以外のMastercard加盟店での買い物でも、1%のリワードが貯まるので、コストコヘビーユーザーになる予定の方は検討してみるのも良いかもしれません。

コストコの公式HP[ご利用可能なクレジットカード]はコチラ
http://www.costco.co.jp/p/membership/creditcard?lang=ja

コストコのおすすめ商品

特に人気が高いのが食料品。ディナーロール36個入り、プルコギビーフ 韓国風焼肉1.5~2.0kg位、ジャーマンポークステーキ1.5kg位、国産さくらどり むね肉2.5kg位、ティラミス1.5kgあたりですかね?
一般のスーパの特売価格で常時販売しているのは嬉しいんですけれど、とにかく量が多いので気をつけなければなりません。
余程の大家族でなければ、お友達同士で上手にシェアするとか、大きめの冷凍庫を用意しないと頭抱えちゃうレベルなので、事前にそこら辺の根回しやら調整を巧くやっておかないと大変です。
せっかくコストパフォーマンスの良さに感激して買った品を、途中から飽き飽きしながら食べたんじゃつまらないですもんね。

コストコのクーポンやキャンペーン

コストコの会員は、会員限定のメルマガに登録できます。
このメルマガでクーポンは配布されているので、会員登録が済んだら、すぐにメルマガに登録しましょう。
また、キャンペーン情報、お買い得情報などもメルマガで確認できます。

コストコの公式HP[コストコ会員限定メールマガジン登録]はコチラ
https://www.costco.co.jp/p/registerlimitedemail?lang=ja

以上、コストコの会員登録・クレジットカード・おすすめ・クーポン・キャンペーンなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク